fc2ブログ

Super Blue Birdsリサイタル2021 その2

10月3日、初の試みである自主公演「Super Blue Birdsリサイタル2021」(南足柄市文化会館大ホール)を開催し、観客動員数450人(観客数50%の制限下)、当日券完売の大成功を収めました。
思い返してみると、有観客自主公演が実現したのは、エリック宮城さんがゲストだった2019年3月以来、なんと2年7ヶ月ぶりということになります。中止となった9月のステラジャムの代わりに、受験生が休団する前の大舞台を、という趣旨で計画したリサイタルでしたが、思い描いていた以上に中高生たちの自主性が光る演奏会となりました。観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!
このリサイタル、来年9月23日にまた行います。今度は制約なしに1000人入れるといいですね!

2021_10_03_5197.jpg

後半は、ブラシワークが軽快なこの曲「キュート」から始まりました。

2021_10_03_5193.jpg

コンサートマスターによるフルートの演奏も軽快です!

2021_10_03_5033.jpg

トロンボーン・セクションの紹介シーン。

2021_10_03_5038.jpg

トランペット・セクション。「平均年齢、13.5歳!」だそうです。若い。

2021_10_03_5041.jpg

バンドリーダーによるフィーチャー曲、ボサノバの名曲「ウェーブ」です。

2021_10_03_5056.jpg

サックスのセクション紹介は、7パートの音を合わせると一つの曲が出来上がる、という、音楽的で壮大なことを演じてみせました。本当に素晴らしいことです。

2021_10_03_5232.jpg

高3アルト奏者によるフィーチャー曲、サミー・ネスティコの名バラード「サマンサ」。

2021_10_03_5071.jpg

高3ドラマーの技巧的なフリー・ソロを披露した「マドリード」。

2021_10_03_5067.jpg

元コンサート・マスターのトロンボーンも光りました。

2021_10_03_5090.jpg

そして最後の曲、ノリノリの「セプテンバー」。

2021_10_03_5261.jpg

2021_10_03_5251.jpg

コンサート・マスターのアルトサックスが会場を沸かせました。

2021_10_03_5080.jpg

会場の子どもたちも最後まで飽きずに聴いてくれたとか……。

2021_10_03_5269.jpg

最後の曲を終えて、団員たちのこの表情。この後はアンコールです!

2021_10_03_5094.jpg

アンコールはもちろん、「シング・シング・シング」。熟練の各ソロが会場をさらに盛り上げました。

2021_10_03_5096.jpg

2021_10_03_5101.jpg

2021_10_03_5105.jpg

2021_10_03_5278.jpg

2021_10_03_5284.jpg

2021_10_03_5287.jpg

2021_10_03_5290.jpg

2021_10_03_5297.jpg

最後は皆で手を振って、会場の皆さまとお別れしました。
観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!
プロフィール

Super Blue Birds

開成ジュニアアンサンブル HOME

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR